日本遺産に認定された「地下迷宮の秘密を探る旅」の構成資産の一つ、カネイリヤマ採石場跡地=宇都宮市

 文化庁は24日、本年度の「日本遺産」に13道県の13件を新たに認定し、発表した。県内では宇都宮市の「大谷石文化」と、那須塩原、矢板、大田原、那須の4市町が共同で申請していた「那須野が原開拓」の2件が認定を受けた。県内関係の認定は足利市の足利学校を含む「近世日本の教育遺産群」(2015年度)以来で、計3件になった。

 日本遺産は歴史や伝承、有形・無形文化財を観光振興や地域活性化に役立てるため、15年度に始まった。地域の歴史や文化を分かりやすく表現した「ストーリー」を認定する。