外国人向けにつくられた医療情報ハンドブック

 外国人に不安を感じず病院に行ってもらおうと、県は「外国人のための医療情報ハンドブック多言語版」を作成した。1冊で英語、中国語、ベトナム語、フィリピン語など9カ国語に対応する。症状の伝え方や病院での受診の流れなどを分かりやすく説明している。

 ハンドブックはA5判、約200ページ。計1万部を作成し、県内市町や国際交流協会、医療機関など約200カ所に配布した。