家電量販店のコジマ(宇都宮市星が丘2丁目、木村一義(きむらかずよし)社長)は14日、宇都宮市今泉町のコジマ×ビックカメラ宇都宮本店で、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を使った決済サービスを導入する。コジマの店舗では初めて。多様な決済手段を用意することで、客の利便性向上を図るのが狙い。資本業務提携しているビックカメラ(東京都豊島区)が今年4月から都内店舗で試験的に導入しており、そのノウハウを活用する。

 ビットコインは世界で最も普及し流通している仮想通貨とされる。ビックカメラは訪日外国人観光客の利用を見込み導入した。ただ実際には「海外からの観光客の利用が多いと思っていたが、日本人の利用も非常に多い」(ビックカメラ広報担当者)のが現状だ。

 このためコジマの重要な旗艦店と位置付ける宇都宮本店でビットコインによる決済を始めることにした。

 利用限度額を設定し、1回の使用で最大10万円相当まで。現金決済と同率のポイントが付与される。

 ビックカメラは現在、都内3店舗で利用できる。