宇都宮市は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、7月に予定していた国際バスケット連盟の3人制バスケットボールの国際大会「3x3(スリーエックススリー)ワールドツアーマスターズ2020」の宇都宮大会を10月に延期する方向で調整している、と発表した。東京五輪の延期に伴い、同種目の五輪出場国の事前トレーニングキャンプは中止となり、来年の実施に向けて調整していくとしている。

 3x3は東京五輪で新種目に採用され、7月25~29日に実施される予定だった。五輪開幕を前に、宇都宮から3x3を盛り上げようと、市はクラブチーム世界一を決めるツアー形式のマスターズ(7月11、12日)を誘致。続けて五輪出場国の事前トレーニングキャンプも実施する計画だった。

 マスターズは、市や県バスケットボール協会などでつくる実行委員会で協議。中止ではなく延期し、10月3、4日の開催へ調整している。五輪の事前キャンプは、来年に向けてマスターズの開催も合わせて、関係団体と調整していく方針。

 市都市魅力創造課は「市民に五輪を身近に感じてほしかっただけに(延期や中止は)非常に残念。来年に向け準備し、必ず実現させたい」としている。