サッカーの関東リーグは5日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1、2部ともに前期の全試合(第1~9節・計90試合)を中止すると発表した。日本フットボールリーグ(JFL)昇格などのレギュレーションについては今後協議して決定する。

 同リーグは3月23日、4月4日に予定していた開幕を約1カ月延期し、5月2~6日の第4節を開幕節とし、第1~3節を後日実施するとしていた。今後は後期第1節(7月11、12日)の開幕に向け準備を進める。

 1部の栃木シティFCの後期第1節は7月12日午前10時から、千葉県市原市のVONDSグリーンパークで東京23と対戦する予定。中村敦(なかむらあつし)監督はクラブを通じ、「非常に残念だが、この未曽有の危機に際して人命最優先は当然の決定。一度心身をリセットし、後期が開幕することを信じて最善の準備をする」とコメントした。