人間国宝の陶芸家濱田庄司(はまだしょうじ)(1894~1978年)が英国を代表する陶芸家で友人のバーナード・リーチ(1887~1979年)と共に1920年9月に英国セント・アイヴスで西洋初の登り窯を築いてから今年で100年の節目を記念し、益子町内で5~11月に予定されていた「益子×セントアイヴス100年祭」の延期が3日、決まった。来年の同時期に開催される方針。

 益子焼協同組合や益子焼販売店協同組合の代表などでつくる同祭事業実行委員会(委員長・濱田友緒(はまだともお)濱田庄司記念益子参考館長)が同日、町役場で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大などの現状を考慮し判断した。濱田委員長は「次の100年に向けた記念祭を安全安心な状況下で実施すべきだと判断した」と話している。