さつき大通りの満開の桜並木

 【鹿沼】“美しすぎる桜並木”と呼ばれている西茂呂地区のさつき大通りでソメイヨシノが満開となり、快晴となった3日は青空とのコントラストが映えた。

Web写真館に別カットの写真

 桜並木は栄町2丁目の交差点から上殿町の末広通りの交差点までの直線2・3キロ。区画整理事業として1993~96年に約400本が植樹され、現在は樹齢30年前後の約330本が壮観な姿を見せている。

 西茂呂3丁目、自営業美野輪孝子(みのわたかこ)さん(65)は「今年も見事に咲いてくれました。新型コロナの感染拡大で暗い話題ばかりですが、この桜を見ると本当に心が癒やされます」と話す。

 夜間は1・3キロがライトアップ(15日までの予定)され、日中とは違ったロマンチックな雰囲気も味わえるほか、今後、花びらが風に乱れ散る桜吹雪、といろんな表情の桜が楽しめる。