1回、ホンダの佐野の適時打で二走・山田(19)が生還し、次打者の田井が笑顔で迎える=足利市総合運動場硬式野球場

1回、ホンダの佐野が先制適時打を放つ=足利市総合運動場硬式野球場

ホンダ-太陽誘電 2死満塁のピンチなどを乗り越え完封したホンダの先発フォード

1回、ホンダの佐野の適時打で二走・山田(19)が生還し、次打者の田井が笑顔で迎える=足利市総合運動場硬式野球場 1回、ホンダの佐野が先制適時打を放つ=足利市総合運動場硬式野球場 ホンダ-太陽誘電 2死満塁のピンチなどを乗り越え完封したホンダの先発フォード

 女子ソフトボールの日本リーグ1部は26日、各地で第4節6試合を行い、本県のホンダは足利市総合運動場硬式野球場で太陽誘電と対戦し、1-0で今季初白星を挙げた。通算成績は1勝7敗。

 ホンダは初回、山田静佳(やまだしずか)と森山遥菜(もりやまはるな)の左前打で1死一、二塁の好機をつくり、主砲佐野由貴美(さのゆきみ)の右前適時打で1点を先制した。先発ジェイリン・フォードも力投し、被安打1で完封。三回には2死満塁のピンチを背負ったが、相手3番を三振に打ち取った。