自転車の国際ロードレース「2018ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)」第7日は静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンター特設コース(120・8キロ)で第7ステージを行い、宇都宮ブリッツェンは鈴木龍(すずきりゅう)がチーム最高の31位だった。

 1周12・2キロの周回コースで行われた。ブリッツェン勢は逃げ集団に入った鈴木譲(すずきゆずる)が山岳賞を二つ獲得し、山岳賞総合1位を確定させた。岡篤志(おかあつし)は途中棄権となり、残るメンバーは3人になった。