ミセスジャパン日本大会に出場する小野美代子さん(右)と大橋尚子さん=下野新聞社

「ミズアジアンビューティー」に出場する小野香代子さん=25日午前、宇都宮市内

ミセスジャパン日本大会に出場する小野美代子さん(右)と大橋尚子さん=下野新聞社 「ミズアジアンビューティー」に出場する小野香代子さん=25日午前、宇都宮市内

 6月2日に札幌市で開かれる「ミセスジャパン2018日本大会」(ウーマンズアカデミー主催)に那須烏山市、事務職・骨格診断アナリスト大橋尚子(おおはしなおこ)さん(51)と宇都宮市、婚活コンシェルジュ小野美代子(おのみよこ)さん(52)が出場する。本県からの出場は初めて。同大会と併せて初開催される「ミズアジアンビューティー」には宇都宮市、耳つぼマッサージサロン経営小野香代子(おのかよこ)さん(43)が参戦。10月にマレーシアで開かれる世界大会を目指し、三人三様の輝きをステージで放つ。

 ミセスの日本代表を決める「ミセスジャパン」は、女性活躍支援を目的に2016年に始まった。「ヤングミセス(25~44歳)」「クラシックミセス(45~69歳)」の2部門があり、今回は計約200人がエントリー。地区予選は国内6カ所で行われ、大橋さんは4月の茨城大会で準グランプリ、小野美代子さんは3月の名古屋大会でグランプリに輝いた。