足利市五十部(よべ)町の市有地に映像美術会社「ヌーヴェルヴァーグ」(東京都世田谷区)が建設したオープンセット「渋谷スクランブル交差点」について、同市は31日、セットの所有権を市に移譲した上で土地と建物を同社に貸し出す形で4月以降も存続すると発表した。

 貸借の期間は1年ごとで、同社が使用を終える場合、セットを解体し土地を原状回復した上で返還することとした。貸借期間中は同社が映画、CMの撮影などに活用し、メンテナンスも同社が行うという。