週末の4月4、5日に臨時休業する宇都宮餃子会の直営店「来らっせ本店」=31日午後、宇都宮市馬場通り2丁目

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、宇都宮餃子(ぎょーざ)会が直営店「来らっせ本店」(宇都宮市馬場通り2丁目)を週末の4月4、5日に臨時休業することが31日、分かった。加盟店の宇都宮みんみんは県内各店舗で週末の2日間は持ち帰りのみの営業とする。同会は「県外からの観光客も多く、感染リスクを最大限に減らすための判断」としている。

 来らっせ本店は「常設店舗」と「日替わり店舗」で加盟店の味が一度に楽しめる人気の観光スポット。同会によると、春休み期間の3月も県内外から若者らが多く訪れ、「行列が出来る日もあった」という。

 感染防止として行列の間隔を空けたり、店内の除菌を徹底するなど対策を講じてきた。しかし同会は「観光客の行き来で万が一、感染が広がれば、宇都宮市と築いてきたギョーザの街の歩みが総崩れになる恐れもある」として臨時休業を決めた。

 加盟98店には31日にファクスなどで通知。宇都宮市宝木町2丁目の「幸楽」も賛同し、4日は持ち帰りのみの営業とする。今後同様の対応を取る加盟店が増える可能性もあるという。

 宇都宮みんみんの伊藤太朗(いとうたろう)社長(47)は「何かが起きてからでは遅い。密閉、密集、密接をできる限り防ぎたい」と強調。同会は6日以降の営業についても「国や自治体の動きを見て判断したい」としている。

 (問)来らっせ本店028・614・5388。