栃木労働局が31日発表した2月の県内有効求人倍率(季節調整値)は、前月を0・01ポイント上回り1・32倍となった。有効求人数が伸び、有効求職者数が減ったため。雇用情勢については「弱い動きとなっており、新型コロナウイルス感染症が雇用に与える影響に十分注意する必要がある」とした。