東野交通(宇都宮市)は15日、那須エリアと東京・新宿を結ぶ高速バス「那須・塩原号」の鹿沼地区乗り入れを、1日3往復の同社運行便でのみ7月14日から再開すると発表した。

 再開要望を受けた対応。那須・塩原号は同社とジェイアールバス関東(東京都)で共同運行しているが、同地区への乗り入れは2月末、鹿沼市上石川の高速バスターミナルの閉鎖に伴い廃止していた。

 新たな乗降場所は、成田空港行きなどで使われている同市北犬飼コミュニティセンター内「鹿沼インター入り口」。事前決済で片道1750円(税込み)の運賃は変わらない。