見頃を迎えた桜と雪景色が広がる龍城公園

見頃を迎えた桜と雪景色が広がる龍城公園

見頃を迎えた桜と雪景色が広がる龍城公園

見頃を迎えた桜と雪景色が広がる龍城公園 見頃を迎えた桜と雪景色が広がる龍城公園 見頃を迎えた桜と雪景色が広がる龍城公園

 【大田原】市さくら祭を開催中の城山2丁目の龍城公園で29日、見頃を迎えた桜に雪が降り積もり、薄紅色と白銀の幻想的な光景が広がった。

 同公園は大田原城跡の高台にある桜の名所で、ソメイヨシノを中心に約400本が植えられている。市さくら祭は、同公園をメイン会場に毎年開催される恒例行事で、今年は28日に始まった。

 朝から大粒の雪が降ったこの日は、芝生に銀世界が広がり、周囲の桜並木が雪化粧をこらした。人影は少なく、しんと静まり返った広場に、降り積もった雪の塊が桜の木から落下する音が響いていた。

 同祭は4月12日まで。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、音楽会などの催し物は中止とし、午後6時~9時にライトアップを実施する。