貨物専用鉄道「高岳引込線」を活用した次世代型路面電車(LRT)などの新交通システム構想について、栃木県小山市が導入を見送ることが29日までに、関係者への取材で分かった。既存の線路設備が老朽化などで全面改修する必要があることが判明し、事業費が想定の約27億円の倍近くまで膨らむ見通しとなったため。需要予測も実施し、採算が取れるだけの利用者数を確保できないと判断した。

 2014年度以降、関係者や有識者を含めた検討の場を設けてきたが、20年度以降は休止する。既存の線路を使うことで費用を抑えるという大前提が崩れたことで、議論は一つの区切りを迎えた。

 17年4月に提出された「市まちづくりと新交通の導入に関する検討委員会」の報告書(答申)は、LRTを導入した場合の概算事業費は約27億円、沿線住民のアンケートを基に算出した利用者数は1日約4660人と想定していた。

 その後、市が水面下で国土交通省に助言を求めた結果、現在の線路はレールや敷石、枕木などを全面的に改修する必要があると指摘され、事業費は倍増する見通しとなった。

 さらに市が実態調査に基づき実施した需要予測で利用者数は1日約3750人となり、想定を下回った。国の認可を受けるには30年以内に黒字転換することが条件だが、このままでは不採算事業となる可能性が高いという。

 市は本年度、15年ぶりに見直した市総合都市交通計画(20~40年度)で、新交通システムの導入を目玉に据えたい考えだったが、重点項目から外した。

 市都市整備部は「諦めたわけではなく、コミュニティバスを増便してバス利用者を増やし、新交通システムの事業化を目指す」としているが、新交通システムで採算が取れるだけの需要を掘り起こせるかは不透明だ。市議会内には「事実上の断念では」との見方もある。

 小山市の新交通システム構想 JR小山駅から北東部の中久喜へ通る貨物専用鉄道「高岳引込線」(約4・7キロ)を活用し、次世代型路面電車(LRT)などの新たな公共交通を整備しようと、市が産官学を巻き込み検討を進めてきた。沿線の住民や企業、小山高専への移動の利便性向上や新たな都市開発が期待されていた。

小山市の新交通システム構想の経緯

2000年度

市役所内で高岳引込線の活用に関する検討に着手

13年4月

大久保市長や県議、市議らによる「新交通システムの導入に向けた勉強会」初会合

14年3月

同勉強会がLRT導入を想定した素案を提示

14年8月

関係者・有識者による「市まちづくり総合交通戦略策定協議会」設置

15年3月

同協議会が新交通システムの検討を提言

15年11月

関係者・有識者による「市まちづくりと新交通導入に関する検討委員会」設置

17年4月

同検討委が新交通システム導入を答申

18年6月

「市総合都市交通計画策定委員会」設置

20年3月

市総合都市交通計画を策定。新交通システム導入は先送り