下田太一さん

スマホ利用について話し合うのに役立つ「ケータイ・スマホ使い方発見キット」(青少年メディア研究協会ホームページより)

下田太一さん スマホ利用について話し合うのに役立つ「ケータイ・スマホ使い方発見キット」(青少年メディア研究協会ホームページより)

 例年より長くなった春休み。子どもが自宅にいる時間が増え、スマートフォンやネット漬けにならないか心配している保護者も多いだろう。小中学生や保護者向けにスマホやネット利用に関する講習会を開く合同会社「ロジカルキット」の下田太一(しもだたいち)代表(41)は「親子でネット利用について話し合う絶好のチャンス」と話す。

 まずは、どのようにスマホやネットを使っているかをチェックしよう。下田さんが代表を務めるNPO法人青少年メディア研究協会は「ケータイ・スマホ使い方発見キット」を作製している。

 「動画」「ゲーム」「カメラ」「会話」「調べ物」「友達作り」といった目的を示したカードを並べ、自分が「必要不可欠なもの」「生活には必要ないが興味のあるもの」「生活に必要なく興味もないもの」に分類する。親子でシートを見比べ、使い方が共通している項目は利用頻度や目的をさらに掘り下げる。