運転手に花束を渡した両市長ら

 【栃木・小山】両市のコミュニティーバス相互乗り入れによる、広域公営路線バスの実現から1年を記念したセレモニーが28日、栃木市藤岡町部屋の部屋南部桜づつみ公園で開かれた。

 広域公営バスは昨年3月、両市の連携事業として県内で初めて実現した。小山市が新設した渡良瀬ラインと、連携により復活した栃木市部屋線の接続など2路線を運行している。