オープンしたすし華亭宇都宮中央店=26日午後、宇都宮市

 「すし華亭」などを展開する奴寿司(やっこずし)(宇都宮市戸祭町、藤咲幸生(ふじさきゆきお)社長)は26日、宇都宮市江野町のシンボルロード沿いに「すし華亭宇都宮中央店」をオープンさせた。すしロール専門店「インディゴ85(ヴァンガレン)」を営業していた鉄骨2階建ての1階を改装してすし華亭とし、インディゴ85は2階で営業する。同じ建物に別形態の2店舗が入るのは奴寿司で初めて。

 すし華亭宇都宮中央店は純和風の内装で、店舗面積は約179平方メートル。カウンターとボックス席の計46席で、新鮮で旬なネタのすしを提供する。テークアウトは4月1日から。インディゴ85は五つの個室と大人数で利用できるラウンジがある。両店とも日曜定休。