新型コロナウイルスの感染者急増を受け、福田富一(ふくだとみかず)知事は26日、今週末の27日夜~29日に、東京、埼玉、神奈川の3都県への不要不急の外出を控えるよう県民に呼び掛けた。東京都の小池百合子(こいけゆりこ)知事ら首都圏の知事が都県民に対して外出自粛を要請したことを踏まえた。国が要請している不要不急の渡航自粛にも協力を求めた。

 来週以降の対応は、今週末から来週前半にかけての感染者数の推移などを見た上で、改めて判断する。

 福田知事は26日の定例記者会見で、都内への外出自粛について「都民が自宅で過ごすよう呼び掛けをされている中、栃木県民が都内に出掛けるのは異様な状態と思われかねない」と説明した。

 県内での外出自粛を巡っては「現時点で市中感染があったと明確には言えず、感染期に移行するという判断にも至っていない」とした上で、「感染状況に変化が起きれば、当然自粛を速やかに行うことになる」と述べた。

 また県は同日、県新型コロナウイルス感染症対策本部会議も開いた。国の基本的対処方針に基づき、感染拡大防止や医療提供体制の整備に取り組んでいくことを確認した。