新型コロナウイルスの感染拡大により、全国で採用内定取り消しが起きている中、県内企業の一部で学生らを救済する動きが出ている。会計情報サービスのTKC(宇都宮市鶴田町)は県内の高卒者向けに新職種を設けた。レストランチェーンのフライングガーデン(小山市本郷町3丁目)は特別採用を始めている。

 TKCが設けた新職種は「システム開発職」。来春のほか、今春卒業する高校生も採用する。「感染拡大を受け、内定の取り消しや新規採用を見送る企業もある。将来、プログラマーを目指す高校生を応援する」(同社)のが狙い。

 勤務地は宇都宮市。今春の卒業生は6月1日入社予定の中途採用とする。入社後サポートの一環として、県内大学と協議の上、大学進学による学位取得を支援する制度の創設を検討している。詳細は同社ホームページで確認する。

 フライングガーデンの特別採用は高卒以上で、県外者も対象とする。採用枠は20人程度。同社は「応募者に負担とならないような選考フローを予定する」としている。(問)同社人事総務部0285・30・4129。