任期満了に伴い5月17日告示、同24日投開票の日程で行われる鹿沼市長選に元国会議員政策秘書の石下友彦(いしげともひこ)氏(47)=同市茂呂=は25日、下野新聞社の取材に立候補することを明らかにした。石下氏は「周囲と相談して出馬の要請を受けることにした。高齢者が安心して暮らせ、若者や子どもが夢を持って住み続けられる鹿沼市にしたい」と述べた。

 自民党公認の鹿沼市議10人のうち有志6人が石下氏に出馬を要請。これを受け同党鹿沼支部は25日夜、同市内で役員会を開き、石下氏を市長選候補者として擁立することを確認した。関係者によると、27日に支部総会を開き、正式に市長選の候補者とするという。記者会見は28日に開く予定。