5回、栃木GBの村田が中前適時打を放つ=悠久山野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は25日、新潟県長岡市の悠久山野球場で新潟と対戦、3-11で敗れた。通算成績は7勝5分け11敗。順位は東地区最下位のまま。

 栃木GBは初回、相手の失策から1点を先制。2点を追う五回は高野勇太の右越えソロ本塁打と村田修一の中前適時打で同点に追い付いた。しかし、先発の金本享祐がその裏に勝ち越し点を献上し、六回はリリーフ陣が打者一巡の猛攻を受け5失点。流れを引き寄せられないまま敗れた。