日本代表強化合宿で練習に汗を流す小林

日本代表強化合宿でチームメートに指示を出す小林(右)

日本代表強化合宿で練習に汗を流す小林 日本代表強化合宿でチームメートに指示を出す小林(右)

 “二刀流”のベテランが夢舞台に向けて汗を流している。東京五輪から新たに正式種目となった3人制バスケットボール「3x3」。宇都宮ブレックスドットエグゼの小林大祐(こばやしだいすけ)(32)が10人ほどに絞り込まれた男子日本代表の強化合宿でも存在感を放っている。

 本来は5人制で輝きを放ち、日本代表候補にも選ばれたエリートだ。リンク栃木ブレックス(当時)にも2014年から2季在籍し、鋭いドライブと正確な外角シュートで人気を集めた。現在所属するB2茨城では先発ガードを任されている。

 3人制でプレーするきっかけになったのは19年2月。「いきなり日本代表に呼ばれた」。未経験のため戸惑ったが、50人ほどの合宿でプレーして面白さや奥深さを感じた。トーナメント戦でも結果を残し、「向いているのかな」と思ううち、とりこになっていた。

 こばやし・だいすけ 1987年生まれ。福岡市出身。福岡大大濠高から慶大へ進み、3年時にインカレ優勝。JBL日立東京-NBLブレックス-B2福岡-B2茨城。3人制では宇都宮ブレックスドットエグゼ所属。189センチ、88キロ。