捕獲されたカミツキガメ=24日午前、宇都宮南署

 24日午前6時35分ごろ、宇都宮市幕田町の水田のあぜ道で、農作業中だった男性(68)がカメを見つけ、交番に届け出た。宇都宮南署が県立博物館に確認したところ、カメは特定外来生物のカミツキガメだったという。

 同署や同館によると、カメは体長約80センチ、重さ約23キロ、甲羅の長さは約45センチで大型の部類という。動きが素早いほか、顎の力が強く、かまれると大けがをする恐れがある。