台湾の高校生を前に、木の実を手に摘果作業を説明する那須拓陽高の生徒(左)

 【那須塩原】修学旅行で台湾の新北市から来日している私立豫章(よしょう)高級工商職業学校の生徒・教員ら17人がこのほど、県の訪日教育旅行誘致事業の一環で那須拓陽高を訪れ、農場見学などを通じて交流を深めた。

 豫章高級工商職業学校は商業、工業などを専門とする高校。食品に関する学習と国際交流を目的に那須拓陽高の授業見学を希望した。