25日から利用再開となる市中央図書館

25日から利用再開となる市中央図書館

25日から利用再開となる市中央図書館 25日から利用再開となる市中央図書館

 【小山】市は24日、市図書館などの市内公共施設を25日から、一部条件付きで利用を再開すると決めた。また中止や延期となっていた乳幼児検診を4月から再開する方針を固めた。

 市内の図書館や市民交流センター、公民館などは通常利用が可能となるが、勤労者体育センターなどにあるシャワーや更衣室は使用不可とした。市が中高生向けに開放している学習室「おやま未来開運塾」は利用時間や席数を減らし、換気する時間を設けるなどの対応を取った。

 一方で県南体育館トレーニング室と県立温水プール館は、換気が十分にできないなどの理由で4月5日までを目安に臨時休館を継続する方針。

 乳幼児検診は医師会らが「感染症の懸念はあるが、発達の経過観察は必要なこと」と判断したことなどを踏まえ、4月からの再開を決めた。来所が困難な場合には従来通り日程変更などの相談が可能。新型コロナウイルスの影響で中止や延期となる場合、保護者への文書送付や市ホームページで知らせるという。