【栃木】新型コロナウイルスの感染対策で、市と市教委は24日、新たな方針を公表した。臨時休校としていた小中学校は、春季休業明けの来月8日から再開する。市有施設は、感染防止策を講じた上で25日から順次再開。市主催イベントについては「一律中止や延期ではなく、感染リスクの評価を行った上で開催を判断する」とした。

 小中学校の入学式などは卒業式同様、参加人数の制限やマスク着用など対策を図った上で実施する。部活動の再開も来月8日とするが、春季休業中の実施もできる。

 25日から再開する市有施設は、図書館や児童館など。利用が制限されている施設もある。再開に当たっては(1)喚起の悪い密閉空間(2)多数が集まる密集場所(3)間近で会話や発生をする密接場面-などが発生しないように対策を講じる。

 イベントについては、開催規模や場所、参加者の特性などを踏まえた上で、開催を判断するとした。