大久保市長(手前)にリーグ優勝を報告する白鴎大野球部の黒宮監督(左から2人目)ら

 【小山】大学野球の関甲新学生野球春季1部リーグで11季ぶり7度目の優勝を果たした白鴎大野球部のメンバーが25日、市役所を訪れ、大久保寿夫(おおくぼとしお)市長に報告した。

 同大は14日に山梨学院大を下して最終節を待たずに優勝を決め、リーグ全チームから勝ち点を奪う完全優勝も果たした。リーグ代表として、6月11日から神宮球場などで行われる全日本大学野球選手権大会に出場する。

 この日訪れたのは黒宮寿幸(くろみやとしゆき)監督(47)と龍昇之介(りゅうしょうのすけ)主将(21)、投手でMVPに輝いた安藤幸太郎(あんどうこうたろう)選手の3人。