交通事故のため通行止めとなっていた県道宇都宮今市線の国道121号文挟交差点から東方に約110メートル区間は、21日午後2時26分、規制が解除された。

 JR日光線の踏切内で乗用車が脱輪横転する事故が発生したためで、同日午前11時25分ごろから、通行止めとなっていた。車には4人乗車していたが、けが人はなかった。列車との衝突もなかった。

 今市署によると、JR日光線は一時運転を見合わせ、同日午後1時2分に運転を再開したという。