【下野】市は17日、4月1日付の職員人事異動を内示した。異動規模は前年より16人少ない108人。

 部長級は現職の退職に伴い2人が昇任する。会計管理者に所光子(ところみつこ)社会福祉課長が就き、現職の女性部長は2人になる。教育次長には、清水光則(しみずみつのり)農政課長を充てる。

 幹部異動の内訳は部長級2人、課長級(参事)5人、同(副参事)6人、課長補佐級19人。女性職員141人のうち部課長級は7人、課長補佐級17人で、管理監督職(課長補佐以上)の女性職員の割合は28・6%。

 部長級、課長級の異動は次の通り。(4月1日、〇は昇任)

 【部長級】会計管理者(健康福祉部社会福祉課長)〇所光子▽教育次長(産業振興部農政課長)〇清水光則

 【課長級・参事】▽総務部総務人事課長(総務部税務課長)〇倉井和行▽市民生活部安全安心課長(総務部総務人事課長)直井満▽健康福祉部社会福祉課長(市民生活部市民課長)〇木村一枝▽産業振興部農政課長(総合政策部市民協働推進課長)〇野口範雄▽行政委員会事務局長(市民生活部安全安心課長)関久雄

 【課長級・副参事】総合政策部市民協働推進課長(総合政策部市民協働推進課主幹兼課長補佐)〇根本宣明▽総務部契約検査課長(建設水道部建設課主幹兼課長補佐)〇倉持吉男▽総務部税務課長(総合政策部総合政策課秘書室長)高山正勝▽市民生活部市民課長(産業振興部商工観光課付副参事兼下野市観光協会派遣事務局長)川嶋恵美子▽健康福祉部高齢福祉課長(建設水道部下水道課長)長塚章▽建設水道部下水道課長(総務部契約検査課長)黒川信夫▽教育委員会事務局生涯学習文化課長(議会事務局議事課主幹兼課長補佐)〇篠崎正代