JALの機内酒「鳳凰美田 純米大吟醸 朝日米」

 小林酒造(小山市卒島(そしま)、小林甚一郎(こばやしじんいちろう)社長)の「鳳凰美田 純米大吟醸 朝日米」が日本航空(JAL)の国際線ビジネスクラスの機内酒に採用され、今月から5月まで提供されている。

 現在流通する多くの酒米品種のルーツでもある「朝日」を使用したJALオリジナル酒。マスカットを思わせる華やかな香りが広がる。爽やかな酸味と甘味の調和したみずみずしい味わいから、温度が上がるにつれ柔らかな口当たりと芳醇(ほうじゅん)で優しいうま味が膨らむという。