御朱印帳「風凛」(左)と「手鞠」

 【鹿沼・那須烏山】鹿沼商工会議所と那須烏山商工会は、鹿沼の木工と那須烏山の和紙を融合した「御朱印帳」を限定100冊製作した。22日から鹿沼市の古峯神社と那須烏山市の和紙ファクトリー福の紙(烏山和紙会館内)で取り扱う。

 「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」と「烏山の山あげ行事」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されていることを受け、日本商工会議所の「全国展開プロジェクト」事業の一環としてつくった。プロジェクトは地域資源を生かした特産品開発や観光ルートづくりなどを目的にしている。