【鹿沼】市は12日、4月1日付の職員人事異動を内示した。部長級は財務部長に南雲義晴(なぐもよしはる)人事課長、保健福祉部長に小林和弘(こばやしかずひろ)厚生課長がそれぞれ昇格した。

 こども未来部長は上林浩二(かみばやしこうじ)教育次長、経済部長は坂入弘泰(さかいりひろやす)水道部長がスライドした。環境部長は黒川勝弘(くろかわかつひろ)都市計画課長、水道部長は木村正人(きむらまさと)財政課長がそれぞれ昇格。教育次長は高橋年和(たかはしとしかず)教育総務課長、危機管理監は矢口正彦(やぐちまさひこ)企画課長が昇格、就任する。

 異動総数は行政職186人、消防職66人で計252人。退職者は部長級8人、課長級10人で管理職の異動割合は40・8%(昨年38・2%)と高くなった。職員総数は873人(再任用除く)で前年当初比で4人減。女性管理職は19・5%(昨年19・2%)となった。

 組織・機構の改編は新庁舎建設に合わせ組織のスリム化を先行して実施。総務課、企画課、水資源対策課を「総合政策課」として統合、篠原宏之(しのはらひろゆき)庁舎整備推進室長を充てた。また昨年の台風19号の復興を推進するため、総務部危機管理課内に「復興対策室」を設置する。また新たな産業支援機関として経済部産業振興課内に「企業支援センター」を設ける。

 部長級の異動は次の通り。

 (4月1日、〇は昇任)

 【部長級】危機管理監兼危機管理課長兼復興対策室長事務取扱(企画課長)〇矢口正彦▽財務部長(人事課長)〇南雲義晴▽保健福祉部長(厚生課長)〇小林和弘▽こども未来部長(教育次長兼総合教育研究所長)上林浩二▽経済部長(水道部長)坂入弘泰▽環境部長(都市計画課長)〇黒川勝弘▽水道部長(財政課長)〇木村正人▽会計管理者兼会計課長(環境部長)金子信之▽教育次長(教育総務課長)〇高橋年和▽消防長(消防総務課長)〇黒川純一▽消防署長(警防救急課長)〇小山茂