グランディハウス(宇都宮市大通り4丁目、村田弘行(むらたひろゆき)社長)が8日発表した2017年3月期連結決算は、売上高が前期比5・4%増の439億6200万円、経常利益が2・0%減の28億500万円、純利益が0・7%増の17億4400万円だった。売上高は7期連続で最高を更新したが、経常ベースでは2期ぶりに減益となった。