新型コロナウイルスの感染拡大を受け、バスケットボール男子Bリーグは17日、都内で臨時実行委員会を開き、14日から再開した1部(B1)と2部(B2)のリーグ戦について、20日から4月1日までの計95試合を中止すると発表した。宇都宮ブレックスの対象試合は21、22日のホーム島根戦、25日のアウェー北海道戦、28、29日のホーム千葉戦、4月1日のアウェーSR渋谷戦の計6試合。リーグは4月4日の再開を目指す。

 中止となった試合の扱いや4月4日以降のリーグ戦、プレーオフの実施予定は、今後の情勢を見ながら決定する。