那須信用組合(亀田均(かめだひとし)理事長)は26日までに、大手企業の技術ニーズと中小企業の優れた技術のマッチングサイトを運営する「リンカーズ」(東京都中央区)と業務提携した。那須信組は同サイトのコーディネーターとして登録し、同社と同信組の組合員である取引先企業の間に入り、大企業との取引拡大を支援する。

 同サイトは全国規模。登録しているのは、コーディネーターが金融機関や自治体、大学・研究機関など約350機関、中小企業が約43万社。技術を求める大企業側はサイトを通じて探すための費用が必要。コーディネーターや中小企業は登録料などは不要で、マッチングが成約するとコーディネーターには手数料が入る。

 中小企業側は自社の技術をフォーマットに登録する。