コンサート前の全体練習に取り組む足利マンドリンクラブ

 【足利】市を中心に活動する楽団「足利マンドリンクラブ」は27日、朝倉町の市民プラザで「30周年記念コンサート」を開く。クラブ発足の翌年、1989年から続く伝統の演奏会は、メンバー同士が奏でてきた楽しさあふれる音の積み重ね。指揮者兼演奏者の富永三知男(とみながさちお)さん(60)は「30周年ですが特別なことはしません。今回も楽しんで、一生懸命やるだけです」と笑顔で練習に臨んでいる。

 富永さんが「音楽のおもちゃ箱」と表現する記念コンサートは、イタリア発祥の弦楽器マンドリンの響きに乗せて全17曲を披露。クラシックの名曲「ラデツキー行進曲」からシンガー・ソングライター岡村孝子さんの「夢をあきらめないで」まで、さまざまなジャンルを演奏し、繊細で美しいマンドリンの音色を伝える。

 午後2時開演。入場料500円。チケットは市民プラザ、市民会館のプレイガイドで取り扱っている。(問)同プラザ0284・72・8511。