「栃木県の農産物輸出支援も」 しもつけ21フォーラムで農林中金の大竹専務理事

 しもつけ21フォーラム(下野新聞社主催)の4月例会が18日、宇都宮市内で開かれ、農林中央金庫(農林中金)の専務理事、大竹和彦(おおたけかずひこ)氏(58)が「農業の成長産業化に向けて農林中金が果たしていく役割」と題して講演した。

 大竹氏は、農林水産業者の協同組合を基盤とする民間金融機関の農林中金について、中期計画(2016~18年)で農業の成長産業化を推進するため「食農ビジネス」事業を新たな柱に設定し、大型の農家・農業法人との取引拡大、生産コスト低減支援に取り組んでいることなどを紹介。

 「今後の農業の主役になる担い手にとって頼りになる存在、産業界と多様な生産者をつなぐ架け橋となる存在を目指す」と述べた。