県消防防災課は25日、宇都宮市、男性(76)が熱中症による重症患者として搬送されたと発表した。

 同課によると、男性は21日ごろから近隣での目撃がなく、大家が部屋を訪れたところ倒れていたため119番した。

 同課によると、熱中症による搬送人数は25日午後4時現在、計2人で、鹿沼市消防本部が搬送した患者も中等症だという。