みぞれが降るなど肌寒い1日となった宇都宮市内=14日午後、宇都宮市川向町

 14日の県内は、前日のぽかぽか陽気から一転し、各地で冷たい雨や雪が降り、冬に戻ったような一日となった。

 宇都宮地方気象台によると、寒気が流れ込んだ影響で気温が下がり、午後2時ごろに宇都宮は1・9度を観測するなど、前日に比べ10度以上低かった。この日、JR宇都宮駅前ではみぞれが降る中、通行人が傘を差しながら足早に歩く姿が見られた。

 15日の県内は天候が回復し、最高気温は宇都宮11度、大田原10度の予想で、寒さは和らぐ見通し。