銘菓奉納し、業界繁栄など祈願 「菓匠会」が日光二荒山神社に

 【日光】県内の銘菓を奉納する神事「献菓・祈菓業祭」が12日、山内の日光二荒山神社で開かれた。13日から始まる弥生祭の記念行事。菓子製造・販売業者14人が参列し、商売繁盛や祭りの成功を祈願した。

 県内の菓子店など約70社でつくる「二荒山神社菓匠会」が、30年ほど前から菓子を奉納している。弥生祭期間中、各社自慢の和洋銘菓を拝殿にずらりと並べ、終わると市内の幼稚園など18カ所に寄贈される。

 この日、参列業者たちは銘菓を飾り、神職による神事で玉串をささげて祈った。