渓流釣りを楽しむ親子連れら

魚を釣り上げ喜ぶ親子

渓流釣りを楽しむ親子連れら

渓流釣りを楽しむ親子連れら 魚を釣り上げ喜ぶ親子 渓流釣りを楽しむ親子連れら

 【那須烏山】恒例の「南部漁協ヤマメ釣り祭り」(那珂川南部漁協主催)が14日、大里の高瀬大橋付近の荒川で開かれた。雨が降る中、県内外から約350人が訪れ、春の渓流釣りを楽しんだ。

 この日はヤマメ約160キロとイワナ約40キロを放流。今年は初めて女性・親子釣り場を設け、簡易トイレも設置した。参加者はルアー、フライ、餌釣りなどさまざまな釣りに興じた。

 母親と訪れた千葉県野田市、二川(ふたかわ)小4年櫻井麻陽(さくらいあさひ)君(10)は短時間で7匹も釣り上げ、「初めてだけどたくさん釣れて面白い。後で焼いて食べるのが楽しみ」と笑顔で話した。