満開を迎えた白梅と紅梅=13日午後、真岡市下籠谷

 13日の県内は朝から気温が上昇し、各地でぽかぽか陽気となった。宇都宮地方気象台によると、佐野で17・8度、小山が17・4度、宇都宮は16・7度を記録、4月上旬~下旬の陽気となった。

 この日、暖かい日差しに誘われて、真岡市下籠谷の井頭公園では紅梅と白梅約200本が満開。同公園管理事務所によると、ことしは例年より10日ほど早く見頃を迎え、あと1週間ほど楽しめるという。

 3歳の長女と訪れた宇都宮市西川田本町2丁目、主婦四釜真弥(しかままみ)さん(33)は「良い時季に来られて癒やされました」と話していた。

 同気象台によると、14日の県内は冷たい雨が降り1月中下旬の冷え込みになるという。