【市貝】町は13日、見上(みあげ)の町芝ざくら公園で4月5日から5月6日まで開催予定だった「町芝ざくらまつり」(町芝ざくら祭り開催実行委員会主催)を、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止すると発表した。町最大の集客イベントで、昨年は1カ月で過去2番目の22万人余りを集めていた。

 中止されるのは、5日のオープニングセレモニーを含め、ステージイベント、模擬店出店、真岡線の芝ざくらSL運行、写真コンテストなど全イベント。ただ、開花期には花を見に多くの客が訪れることが予想され、仮設トイレと駐車場のガードマンは配置する。

 会期中通しで営業を予定していた常設のレストランと直売所は営業日を今後検討して限定的に営業する。

 実行委員長の入野正明(いりのまさあき)町長が、実行委を構成する地元の協議会、商工会、JA、町議会の意見を聞き、最終的に判断したという。

 町企画振興課は「公園の管理費は有料駐車場の利用料から一部を充てていた。模擬店は町内の飲食店や物産店など10店が出店予定だった。中止はとても痛い。苦渋の決断だった」としている。