【那須塩原】市は12日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、預かり先の見つからない児童を対象とした小学校の自主登校を18日まで継続すると発表した。

 市内小中学校は2~24日が原則休校だが、保護者が仕事中などで児童の預け先が見つからない家庭の小学生は13日まで登校できるとしていた。

 市教委が自主登校期間中の登校児童数を集計したところ、臨時休校1週目の2~6日で1日当たり約600人の児童が登校。2週目の9~12日も1日当たり500人前後の児童が登校していることから、自主登校の継続を判断した。

 小学校の卒業式は19日に、卒業生と保護者のみの出席とするなど規模を縮小して実施する。