バスケットボールBリーグは14日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していた1部と2部のリーグ戦を無観客で再開。東地区首位のB1宇都宮ブレックスは14、15の両日午後3時5分から千葉県の船橋アリーナで同3位の千葉と対戦する。第23節の三河戦(2月17日)以来、約1カ月ぶりの公式戦となるが、勝利で気持ちよく再スタートを切りたい。

 今季は残り21試合。東地区は30勝9敗のブレックスが首位に立つが、同勝率の2位でA東京、さらに2ゲーム差で千葉が追う接戦の展開。この第28節の2連戦でブレックスが千葉に連敗すれば勝率で追いつかれるだけに重要な一戦だ。今季の対戦成績はブレックスが2戦2勝している。