激しい炎が上がった昨年のヨシ焼き

 【栃木・小山・野木】栃木市など4市2町にまたがる渡良瀬遊水地に春を告げるヨシ焼きが21日、同所で行われる。新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、主催団体は一般の見学自粛を呼び掛けている。

 遊水地を取り巻く自治体や国交省利根川上流河川事務所などで構成する渡良瀬遊水地ヨシ焼き連絡会が主催。枯れたヨシを焼いて病害虫を駆除し、貴重な湿地を保全する。毎年、遊水地の約半分に当たる1500ヘクタールが炎と煙に包まれる。

 今年は、関係団体のホームページや自動音声案内などで見学自粛を呼び掛けている。飲食店の出店やおもてなしイベントなども中止する。ただし、一般の見学者が例年、写真撮影を行っている堤防などへの立ち入りは禁止しない。

 火入れ開始は午前8時半。実施の最終決定は当日午前6時。悪天候時は22日か28日のいずれかに延期する。実施状況は自動音声案内0282・62・0915で確認できる。