【鹿沼】新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、市は11日、15日までとしていた小中学校の臨時休校を24日まで延長すると発表した。

 市の対策本部会議を経て決定した。小中学校の臨時休校中、実情に応じ各学校の判断で登校日を設定できる。小学校の卒業式は18日に卒業生と保護者、教職員で行う。24日の終業式は各校の判断となる。また子どもの居場所の確保について、保護者が仕事などで児童生徒を見ることができない場合は、学校で対応するとしている。

 佐藤信(さとうしん)市長は「いまだに収束が見通せない状況にある。今が踏ん張りどころなので、市民の皆さまには引き続き理解とご協力をお願いしたい」とコメントした。