見頃を迎えたカワヅザクラ

 宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園でカワヅザクラが見頃を迎えた。8日は新型コロナウイルスの影響で外出控えが広がる中、次々と花見客が訪れた。

 カワヅザクラは公園を囲むように植えられており、この日は濃いピンク色の花が全体の9割ほど咲いていた。訪れた人たちは散策したり、写真撮影したりして花に見入った。

 同市東宝木町、主婦村田和枝(むらたかずえ)さん(70)は「今年は特に色が美しく、癒やされる。花見客が少ないのでもったいない」と話していた。